競争社会ここに極まり。どこまでいっても競争ばかり。

ブログ
記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

こんばんは。限界おじさんです。前回の記事を書いてる際に、ふと思ったことがあったので、本日はそれについて書く。

この世界は競争社会。綺麗ごとををどれだけ並べようが、他者と比較され、勝ち抜いたものが評価される世界。

異論は認めん。

考えてみてくださいよ。

私たちは、生まれる前から過酷な戦いを強いられています。そう、精子戦争という過酷な戦いを。それを勝ち抜いた者だけがこの世への誕生が許されるわけですよ。

つまり、この世に誕生した時点で選ばし者なのです。

「皆さん、胸を張ってください!」と言いたいところですが、現実はそう甘くはない。精子戦争が終結したかと思えば、次は精子戦争を勝ち抜いて来た者同士で競うことになります。

小学校に進学すると、部活動で競い…

中学校に進学すると、高校受験で競い…

高校に進学すると、大学受験で競い…

大学に進学すると、就職活動で競い…

就職すると出世で競い…

意中の女性に選ばれるために競い…

子どもを良い学校に入学させることで競い…

子どものスポーツで競い…

裕福な家庭でありたいと資産で競い…

右を見ても競争。左を見ても競争。

そして、これらの競争に勝った者に対して、多くの賞賛と報酬が得られるシステム。終わりの見えない相対評価の社会。常に周りの目を気にして生きていく世の中。X(旧Twitter)などのSNSにおいては、それらが顕著に表れている。マウント合戦の権化のようなもの。

ブログもそう。同じような脛に傷を持ったブロガーから攻撃をされたりするのよ?意味わかんないでしょ?本当にクソみたいな世界。

他者との競争の中で生まれてくる、妬み、嫉み、僻み、恨み。

それに伴い、良好な人間関係も維持できなくなったりする。上昇志向がある内は、そのような競争に身を投じても頑張っていけるが、己のキャパを超えた状態が長く続くと、心身ともに疲弊してしまう。

嫌になっちゃうわ。

私は、このような競争社会に嫌気がさして自ら脱落(世間体など気にせず無職になった)したのですが、気が付けば…

ブログランキングで競っている始末

どこまでいっても競争なのよ。でもね、他者との比較の先に「幸せ」など存在しない。そのような自己矛盾を抱えて今日も生きる。

  • 妬み(ねたみ):うらやましくて憎く思う感情
  • 嫉み(そねみ):うらやましくて悔しく思う感情
  • 僻み(ひがみ):ひねくれた考えや、物事の捉え方を自身で曲げて、悪い方の考えに持っていく
  • 恨み(うらみ):他人の考えや振る舞いを不満に感じ、憎む気持ち

現在のカテゴリーランキング28位。

タイトルとURLをコピーしました